1. TOP
  2. 臨月
  3. 下腹部痛
  4. 妊娠中の下腹部痛 臨月だけど大丈夫?

妊娠中の下腹部痛 臨月だけど大丈夫?

妊娠中 下腹部痛

臨月 下腹部痛

臨月に入るといつ赤ちゃんが産まれてもおかしくない時期です。

出産までの最後1カ月は赤ちゃんの成長が著しく母体のお腹も急激に大きく膨らみます。

その身体の変化によって内蔵が圧迫されて胃もたれやゲップが出やすく、そしてお腹が痛い・下腹部痛も臨月にはよく起こりがちです。

臨月 下腹部痛

下腹部は陣痛の場合もあるので注意が必要ですが、陣痛以外の下腹部痛ならば体調を整えることが大切です。

臨月は元気な赤ちゃんを無事に産むための最後の重要な時期です。

バランスのよい十分な栄養を摂取して無理しないように身体をいたわるようにしましょう。

臨月 下腹部痛 原因

臨月の下腹部痛なら葉酸を

そして、妊娠直後・妊娠初期に摂取を奨められている葉酸は臨月にも重要な栄養素です。

葉酸は胎児の神経管欠損症を予防するために必要な栄養素として知られてます。

お腹がいない!腹痛?陣痛?

特に細胞分裂が特に活発な妊娠初期は特に重要とされています。

しかし、臨月時にも大切な栄養素であることは、あまり知られていません。

臨月は貧血になりやすい時期でもあります。

また、母乳は血液で出来ていることを知っていますか?

その意味で、血液を造る、造血ビタミンでもある葉酸は、出産前から産後の授乳期に積極的に取りたいサプリなのです。

私の体験談:葉酸の選び方

妊娠後期、突然、下腹部が痛くなりました。

臨月の下腹部痛は、本でも読んでいたので、赤ちゃんが動くことでおさまったりということもありました。

出産がはじめての妊婦さんは、出産のことで頭がいっぱいだと思います。

もちろん、安全に産むことが一番ですが、その後の考えてもらいたいと感じています。

私もそうでしたが、
妊婦さんの間違った認識の1つに、葉酸は妊娠初期に摂取すればいいと思っている人が多くいます。

産婦人科で妊娠初期に葉酸を取るように言われましたが、それ以降言われることもがなかったことが原因なのですが、元気な赤ちゃんを育てるためには、母乳の質を高める必要があります。

その母乳はお母さんの血液ということを知り、臨月前から葉酸を取るようにしました。

その時は、赤ちゃんを産むことで頭が一杯でしたが、今から考えると、出産したあとの方が目の前に赤ちゃんがいるだけに、毎日が戦争です。

幸いアトピーができたり、皮膚が荒れたり、便秘になったりとわが子とはなく、なかったのですが、元気な赤ちゃんを育てるために葉酸サプリ生活を続けていたからかもしれません。

【妊娠中に摂りたい葉酸サプリメント】

【ベルタ葉酸サプリ】


ベルタ葉酸サプリの口コミ:臨月の貧血予防にベルタ葉酸サプリを使用しています
臨月になり出産のことを考えると、貧血を防ぐためにも鉄分をしっかりとりたいと思うようになりました。
そこで新しく購入したのが、ベルタ葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ

これまで服用していた他の葉酸サプリと違って、鉄分やその他栄養素が含まれていたのが決め手です。産後も母乳を作るために栄養が必要ですが、このサプリは産後も飲用でき、その点も良かったです。

粒も小さくて飲みやすく、個人的には美容成分まで含まれているのが嬉しかったです。
ベルタ葉酸
生まれてくる赤ちゃんが喘息やアレルギーのリスクがあるといわれている合成葉酸ではなく「天然型葉酸」を使用!
無添加・無香料、放射能検査のおすすめサプリ。

>> 公式サイトはこちら <<

*臨月時の運動は、スクワットなどくらいがいいと思います。
産後のダイエットにも、効果的に栄養を摂取することは必要ですし、激しいスポーツは避け、適度な運動は必須です。


【ママナチュレ 葉酸サプリ】


ママナチュレ 葉酸サプリ
>> 天然葉酸配合【ママナチュレ 葉酸サプリ】
【葉酸400μg・鉄分・乳酸菌】

【ベジママ】


ベジママ
>> 【完全返金保証付】新妊活サポートサプリ『ベジママ』
【葉酸400μg:ピニトール・ビタミン】
Summary
Review Date
Reviewed Item
妊娠中の下腹部痛 臨月だけど大丈夫?
Author Rating
51star1star1star1star1star
【よく読まれている記事】
プレパパに伝えたい産前産後の出産準備
プレパパが行うべき出産準備

\ SNSでシェアしよう! /

臨月の悩みの症状@貧血、下腹部痛、胎児のしゃっくり、イライラ症状、下痢、体重増加などの注目記事を受け取ろう

妊娠中 下腹部痛

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

臨月の悩みの症状@貧血、下腹部痛、胎児のしゃっくり、イライラ症状、下痢、体重増加などの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア