1. TOP
  2. B型肝炎
  3. 妊娠中のB型肝炎:B型肝炎による母子感染の確率・母乳での感染

妊娠中のB型肝炎:B型肝炎による母子感染の確率・母乳での感染

妊娠中のB型肝炎

B型肝炎の原因と対処法

感染症の一つであるB型肝炎は、血液や体液を介してウイルス感染することにより起きる肝臓の病気です。

性的接触

主な感染原因は、感染者との性的接触によるものがほとんどです。

大人になってからの感染は、
一過性に終わることも多いですが、慢性的な感染の原因の多くは、お母さんが感染者であり、出産時の出血によって赤ちゃんに感染するというケースが考えられます。

B型肝炎検査

B型肝炎に感染しているかどうかは、B型肝炎検査で調べることができます。

母子感染リスク

もし妊婦さんが感染していた場合でも、現在はワクチンにより多くの母子感染を防ぐことができます。

自身の肝炎リスクや体の健康のためにも、そして元気な赤ちゃんを産むためにも、必ず検査を受けることをおすすめします。

また、可能性としては5%以下と言われる胎内感染については、今現在防げる方法がないというのが現状です。

妊娠中のB型肝炎検査は、妊娠初期 (8週前後) に行います。

血液中の「HBs抗原」というタンパク質の有無、また陽性であった場合は更に「HBe抗原」などの有無を調べる検査をします。

感染していることがわかった場合の対処法としては、赤ちゃんへのワクチンによる母子感染の予防、周囲への感染予防、そしてお母さん自身の体調管理のために、肝臓の専門医を受診することをおすすめします。

母子ともに健康であるために、まずは検査を受けることが第一歩です。

私の体験談:妊娠中のB型肝炎感染が分かった私

妊娠してB型肝炎の検査を受けたところB型肝炎に感染していることがわかりました。

妊娠中にも赤ちゃんにウイルスを感染させてしまうおそれがあるということを説明され、薬の服用、出産時には赤ちゃんへの予防接種をはじめ、先生にすべてお任せしました。

先生からは、感染の可能性は必ずしもゼロとはいえないのが現状だけど、リスクはかなり減っているので、無理心配しないようにといわれました。

出産までの準備

医師からは
それ以上に、元気な赤ちゃんを産むために、

  • 体重の管理
  • 適度な運動
  • バランスの良い食事

を徹底されました。

私自身、肝炎のことは自分ではないもできないので、それ以外、自分のことに関しては後悔をしないように徹底しまっした。

運動は、過度に負担がかからない程度に

  • ストレッチ
  • 軽い筋トレ
  • 動く習慣
  • 外へ出る習慣

食事に関しては
食欲にも波があったのでサプリメントでしっかり補う形をとりました。
特に積極的に摂取した成分は

  • 葉酸
  • 鉄分

を取りました。

母乳のもとにもなるものが血液ということを知ったことも多く、

母乳は大丈夫?

出産後、赤ちゃんの大事な栄養補給である母乳

  • 母乳の出方
  • 母乳の質

を高めることに徹底しました。

葉酸サプリの場合、鉄も配合されているものが多いですし、当時より配合量が多くなったり、サンプルやお試し価格の商品などあるので、続けやすい値段の商品を選ぶといいと思います。

【妊娠中に摂りたい葉酸サプリメント】

【ベルタ葉酸サプリ】


ベルタ葉酸サプリの口コミ:臨月の貧血予防にベルタ葉酸サプリを使用しています
臨月になり出産のことを考えると、貧血を防ぐためにも鉄分をしっかりとりたいと思うようになりました。
そこで新しく購入したのが、ベルタ葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ

これまで服用していた他の葉酸サプリと違って、鉄分やその他栄養素が含まれていたのが決め手です。産後も母乳を作るために栄養が必要ですが、このサプリは産後も飲用でき、その点も良かったです。

粒も小さくて飲みやすく、個人的には美容成分まで含まれているのが嬉しかったです。
ベルタ葉酸
生まれてくる赤ちゃんが喘息やアレルギーのリスクがあるといわれている合成葉酸ではなく「天然型葉酸」を使用!
無添加・無香料、放射能検査のおすすめサプリ。

>> 公式サイトはこちら <<

*臨月時の運動は、スクワットなどくらいがいいと思います。
産後のダイエットにも、効果的に栄養を摂取することは必要ですし、激しいスポーツは避け、適度な運動は必須です。


【ママナチュレ 葉酸サプリ】


ママナチュレ 葉酸サプリ
>> 天然葉酸配合【ママナチュレ 葉酸サプリ】
【葉酸400μg・鉄分・乳酸菌】

【ベジママ】


ベジママ
>> 【完全返金保証付】新妊活サポートサプリ『ベジママ』
【葉酸400μg:ピニトール・ビタミン】

妊娠中のB型肝炎の病名説明

肝炎は、何らかの原因で肝臓に炎症が発生してしまい、肝細胞が破壊される病態のことです。

原因には、

  • ウイルス
  • アルコール
  • 薬物

が挙げられ、この内、ウイルスに関してはA、B、Cなどの型があり、B型肝炎とはB型ウイルスによって発症する肝炎です。

肝臓は、

  • 食事から摂取した栄養を体内で使えるような形に分解、合成する代謝
  • 血液中の老廃物を分解
  • 解毒

など、健康のためには必要不可欠な働きをしている臓器です。

ですから、B型肝炎などになると、これらの機能に対する症状があらわれてきます。

しかし『沈黙の臓器』とも呼ばれるくらいに、病気などでその機能が低下していも、なかなか症状が出にくいのが特徴です。

妊娠中のB型肝炎

そのため、ようやく症状を自覚した時には、重症化してしまっていると言うケースも少なくありません。

そしてB型肝炎に関しては、感染経路として母子感染がある感染症です。

そのため妊娠した場合は、妊娠12週頃までに妊婦健診によって検査を行います。

B型肝炎ワクチン

これは血液検査によってわかるもので、陰性だった場合は、ひとまずは安心ですが、元気な赤ちゃんを産むためにも、ワクチンを受けておいた方がより安心度は高くなります。


B型肝炎のワクチンは妊娠中でも接種を受けることが可能
ですから、医師と相談したうえで受けると良いです。

陽性の場合も、適切な対処、また分娩時の対応をとることで、周囲への感染や母子感染の可能性を低くすることは可能です。

Summary
Review Date
Reviewed Item
妊娠中のB型肝炎:B型肝炎による母子感染の確率・母乳での感染
Author Rating
51star1star1star1star1star
【よく読まれている記事】
プレパパに伝えたい産前産後の出産準備
プレパパが行うべき出産準備

\ SNSでシェアしよう! /

臨月の悩みの症状@貧血、下腹部痛、胎児のしゃっくり、イライラ症状、下痢、体重増加などの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

臨月の悩みの症状@貧血、下腹部痛、胎児のしゃっくり、イライラ症状、下痢、体重増加などの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア