1. TOP
  2. 臨月の腹痛に悩まされている方へ

臨月の腹痛に悩まされている方へ

臨月で腹痛になる原因

一般的に、臨月とは、妊娠10ヶ月のことをいいます。

詳しくは在胎週数36週0日から39週6日までをさすのですが、いわゆる妊娠何ヶ月、というのは数え月で表現する為、数えの10か月のことを出産の予定という意味を持ち臨月というのです。

この臨月の妊婦にとって一番の悩みはやはり腹痛でしょう。

臨月の腹痛

痛いだけではなく、胎児のことを考えるとこれはただの腹痛かそれとも陣痛なのかと不安になるのも当然です。

原因は様々ですが、栄養素の不足、または便秘がち、下痢気味になるなどと言った腸の不安定が挙げられます。

腹痛と陣痛の違い

そこで効果的と言われるのが葉酸です。

臨月は、子供を身ごもり一人の身体ではない大事な時期。

身体の不調の原因は少しでも取り除くにこしたことはありません。

厚生労働省も推奨している葉酸。

目にしたことがある人も多いでしょうし、産婦人科で処方された人も多くいると思います。

ご存知の人も多いと思いますが、葉酸を積極的に摂取するといっても簡単ではありません。

緑の葉に多く含まれるビタミンBの一種が葉酸なのですが、妊娠時で妊娠時 400μg以上という目安があります。

腹痛には葉酸サプリ

しかもこの葉酸は過熱に弱いという特徴があります。

そうなると当然葉物野菜から摂取するのは難しく、サプリメントが有効となる為、葉酸サプリが人気なのです。

ただ、闇雲に葉酸サプリを摂取しても意味がありません。

まず、なぜ、臨月の時期に葉酸を摂取するのがいいのか?

それは、葉酸には血液や細胞を作るのを助ける作用があるからです。

母乳は血液から出来ています。

良質な母乳を作るためにも、今の時期にしっかり葉酸を摂取しておくのがオススメなのです。

同時に、葉酸にもこだわりを持つことをオススメします。

生まれてくる赤ちゃんが喘息やアレルギーのリスクがあるといわれているのが合成葉酸です。

絶対的に天然型葉酸使用のサプリを選択してください。

【臨月の妊婦さんへ】
臨月の妊婦さんは、出産のことで頭がいっぱいでしょう。

もちろん、安全に産むことが一番ですが、その後の考えてもらいたいと感じています。

妊婦さんの間違った認識の1つに、葉酸は妊娠初期に摂取すればいいと思っている人が多くいます。

元気な赤ちゃんを育てるためには、母乳の質を高める必要があります。

母乳はお母さんの血液です。

元気な赤ちゃんを育てるために、葉酸サプリメント生活を是非始めてください。

安心して摂取したい葉酸サプリ

ベルタ葉酸
天然型葉酸使用!無添加・無香料、放射能検査済
>> 公式サイトはこちら <<

【よく読まれている記事】
プレパパに伝えたい産前産後の出産準備
プレパパが行うべき出産準備